海外へ留学しよう

個人でできる英語の勉強法と言えば、英会話教材を利用して独学で勉強したり、英会話教室に通ったりするなどの方法があります。もし、これらの方法で勉強をして「もっと英語を学びたい」と思ったら、イギリスなどといった国へ留学をしましょう。

留学を申し込む流れ

教材

サポート会社へ申し込む

留学をするのであれば、留学をサポートしてくれる会社へお願いするのが一般的です。色々ある留学プログラムのなかからお好きなものを選び、入学願書に必要事項を記入の上提出をしましょう。

費用を支払う

申し込みをした後、留学に必要な費用のお支払いをします。海外の口座への振込やクレジットカード払いなど、サポート会社によって支払い方法は異なりますので、事前に確認しておいてください。

入学許可証の発行

サポート会社側で、費用の入金を確認しましたら、入学許可証が発行されます。これは、留学先へ滞在するために必要なものですので、紛失しないよう厳重に保管するようにしましょう。

留学先へ

入学許可証を発行してもらったら、いよいよ留学先へ渡航することになります。空港へ行く前に忘れ物がないかきちんと確認してください。また、留学先での万が一のトラブルに備えて海外旅行傷害保険に加入しておくことをオススメします。

留学には向き不向きがある

どんな人も海外へ留学すれば、英語が上達するというわけではありません。「海外留学に向いている人」「海外留学に向かない人」に分かれます。どんな人が向いている人なのかまとめてみました。

留学に向いている人ランキング

アルファベット
no.1

留学目的がハッキリしている人

一番向いていると言えるでしょう。「ただ留学してみたいから」というだけでは、何も得られないまま日本へ帰国してしまう可能性が高いです。「英語が上手くなって○○がしたい」などという具体的な目的を持っていれば、何が起きてもへこたれることなく留学を楽しむことができるでしょう。

no.2

適応能力がある人

海外は日本と違って、文化や食べ物、物事の考え方が違います。例えば、日本の電車はほぼ時刻どおりに運行していますが、海外では1時間遅れということも日常茶飯事です。このような日本との違いに戸惑うことなく、その環境を受け入れることが必要です。

no.3

人任せにしない人

留学当初は、留学をサポートしている会社に色々助けてもらうのは仕方ないことです。しかしながら、いつまで経っても自分から行動しない人は、留学先で生活するのは難しいです。

no.4

チャレンジ精神旺盛な人

留学先では初めての経験の連続です。新しいことを経験するのに、恐れることなく挑戦していける人は、色んなことを吸収できてそれを糧にできるでしょう。ただ、授業で英語の勉強をするだけでなく、他のことにも目を向けるのが大切です。

no.5

ストレス解消の術を持っている人

留学先で生活をしていると、孤独に感じてホームシックになることがしばしばあります。このような状態が続くとストレスが溜まってしまい挫折してしまいます。適度にストレス解消ができれば、継続的に留学生活ができるでしょう。

スピードラーニングで英語マスター

[PR]
オンライン英会話でビジネスを学ぶ
上達内容を参考にしておこう

海外へ留学して英語を楽しく学ぼう[国際感覚が養える]

英会話

留学するなら注意点について頭に入れよう

本格的に英語を学びたい人にとって、海外へ留学することは憧れですが、憧れだけで留学すると様々な問題に直面しても対処ができません。留学ならではの注意点があるのです。数ある注意点のなかで、代表的なのが留学先の学校の授業です。授業を受けると、何を話しているのかうまく聞き取れないことがあります。誰でも最初はそのような時がありますので、質問されても焦ることなく「もう一度お願いします」というような返事を英語でしましょう。

人気のアフタースクールをリサーチ♪

[PR]
英会話教材をピックアップ☆
子供の英語教育にピッタリ♪

[PR]
人気の英会話スクールを厳選紹介
英語を身に付けたいなら注目!

[PR]
イギリスへの留学プランを提供中
観光と勉強を同時に楽しもう♪

[PR]
スピードラーニングの効果を比較!
英語学習の基礎を身に付けよう

語学留学ならイギリスがイチオシ☆

広告募集中